消費税率変更方法

例として、原則課税・税抜処理とします。

税抜処理は月末に一括処理するとします。

記帳くんのバージョンが最新になっている事とします。 

バージョンアップ方法はこちら

 

令和元年10月1日以降の日付で仕訳を入力すると、ソフトが自動的に10%で処理を行います。
しかし、令和1年10月1日以降に消費税率が8%の仕訳を入力する場合は手動で8%に切り替えなくてはなりません。 

 
手順1

新税率(10%)から軽減税率(8%)や旧税率(8%)への切り替えは、仕訳入力で金額まで入力します。 

そして、カーソルが金額の欄にある状態で、F2を押すかクリックすると、新税率(10%)⇒軽減税率(8%)⇒旧税率(8%)⇒旧税率(5%)と切り替えられます。 これで、該当の税率へ変更を行って仕訳を入力して下さい。 

新税率10%
軽減税率8%
旧税率8%
軽減税率8%と旧税率8%は、国税と地方税の割合が異なります。
税率が同じ8%だからといって、区分せずに経理処理をしてしまうと、中間申告等に影響します。ご注意下さい。

「ACELINK」「記帳くん」は株式会社ミロク情報サービスの商標または登録商標です。

解説に用いている画像の著作権は株式会社ミロク情報サービスに帰属します。

© 古口美知子税理士事務所